一般社団法人日本クレーン協会の案内 - 日本クレーン協会埼玉支部

日本クレーン協会の事業紹介と入会のご案内

一般社団法人日本クレーン協会とは

クレーン等に関する調査研究をはじめ、クレーン等に関する知識の普及、資格取得のための教習・講習、安全教育、クレーン等の安全性を確保するための検査・検定、各種の図書の出版等の事業を積極的に推進することにより、クレーン等に関する技術の向上及び事故又は災害の防止に寄与することを目的としている一般社団法人です。

創立年月日 昭和38年9月5日
会員数

5,618(平成24.3.31))

支部 27支部
検査事務所 38検査事務所


調査研究

クレーン等の構造、使用、保守管理等に関する調査研究を行っています。
また、クレーンに関するISO及びJISの審議団体として、国内外のクレーン等に係る規格の整備に中心的な役割を果たしています。

検査・検定

厚生労働大臣の登録を受け、クレーン・移動式クレーン・エレベーター・ゴンドラの性能検査及びクレーン又は移動式クレーンの過負荷防止装置の型式検定を行っています。

講習・教育

クレーン等運転士免許の実技教習(全国7箇所の教習所)、床上操作式クレーンの運転、小型移動式クレーンの運転及び玉掛けの各技能講習、クレーンの運転等の特別教育、天上クレーン、移動式クレーン及び積載形トラッククレーンの定期自主検査者安全教育、クレーン、移動式クレーン運転士及び玉掛け技能者の安全衛生教育、ワイヤロープの点検管理の安全教育等を行っています。

広報・出版

月刊誌やホームページ等によりクレーン等に関する情報を提供するとともに、クレーン等の作業に必要な資格取得用のテキストをはじめ作業の安全に関する各種の図書を出版しています。

主要行事

9月30日を「クレーンの日」として主唱し、クレーン等による労働災害防止の意識の高揚を図るため、「全国クレーン安全大会」を毎年開催するとともに、「全国安全競技大会」を実施しています。

国際交流

ISO国際会議に参加し、ISO規格制定に参画するとともに、日本、中国、韓国の三ヶ国において、日中韓アジアクレーン安全シンポジウムを開催し、技術交流を積極的に推進しています。


下の「一般社団法人日本クレーン協会入会申込書」をクリックして開き、A4用紙にプリントして所要の事項をご記入の上、本部又は支部へFAX等でご提出ください。なお、一般社団法人日本クレーン協会につきまして、詳しくお知りになりたい方は、本部又は支部へお問い合せください。

LinkIcon一般社団法人日本クレーン協会入会申し込み書
FAX:048-780-2216

会員特典(埼玉支部)

① クレーン等の取扱の資格を取得できる各種技能講習や特別教育の開催について、通知を受けることができます。
② 埼玉県下の災害防止団体等20団体が実施する各種技能講習等の年間計画表が配布されます。
③ 埼玉支部の扱う図書等(図書目録のもの)については定価の1割引き、技能講習及び特別教育受講申込者のテキストについても割引特典があります。
④ 『クレーン等安全規則』の解釈及び運用に関する厚生労働省の通達、その他クレーン等に関する各種の動向を掲載した会報である機関誌「クレーン」(定価800円)が毎月、また、「クレーン年鑑」(定価2,500円)が毎年無料でお手元に届けられます。
⑤ 全国クレーン安全大会、優良事業場視察研修会等の参加経費の補助が受けられます。
⑥ 毎年、優良クレーン運転士、優良玉掛け技能者、優良整備従事者等の方々について、会長または支部長から表彰が受けられます。
⑦ 9月30日の「クレーンの日」のポスター及びリーフレットが、毎年無料でお手元に届けられます。
⑧ クレーン等の関係法令及び技術的な問題や質問に対する情報が得られます。


会費

級種

1年間に製造するクレーン等の
つり上げ荷重の合計
1年間に販売、整備するクレーン等の
トン数の合計
設置しているクレーン等の
つり上げ荷重の合計
150t以上
90,000円
150t以上
90,000円
300t以上
 90,000円
100t以上150t未満 68,000円 100t以上150t未満 68,000円
 200t以上300t未満  68,000円
50t以上100t未満 46,000円 50t以上100t未満 46,000円 100t以上200t未満 46,000円
25t以上50t未満 24,000円 25t以上50t未満 24,000円 50t以上100t未満 24,000円
25t未満 12,000円 25t未満 12,000円 50t未満 12,000円

  • 年度の途中で入会された場合は、月割り計算となります。
  • 上記以外の賛助会員(法人1口24,000円、個人1口12,000円)
  • エレベーター、建設用リフト、簡易リフト、ゴンドラ関係会員にあっては、上記の表中「クレーン等のつり上げ荷重の合計(単位トン)」を「エレベーター、建設用リフト、簡易リフト、ゴンドラの基数(単位基数)」と読み替えるものとします。
  • 会員の級別がいずれかに該当するかについての疑義は、会長又は支部長が決定します。

一般社団法人
日本クレーン協会埼玉支部

〒330-0802
埼玉県さいたま市大宮区宮町3-1-2
    明治安田生命大宮ビル4階
電話:048-780-2213
FAX:048-780-2216